CAD、デジタルパースの豆知識・用語集
デザイン・資格の専門スクール リカレント

CAD豆知識・用語集

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
豆知識・用語集
CAD APPLICATION SOFTWARE

CAD/デジタルパース講座では「AutoCAD」を必修としています。他CADアプリケーションソフトについては、使用目的や希望進路に合わせてセレクトできるように、多彩なコースラインナップをご用意しています。

AutoCAD

分野を問わず広く使用されている汎用CADソフトです。2次元製図から3次元データを作成、及び編集することができ、CAD業界の標準ソフトとして圧倒的シェアを誇っています。最新バージョンでは、ユーザーインターフェースの向上により、初心者にも操作しやすい環境を実現しているのも特徴です。作図に費やす時間の大半は、実は同一形状の図形の配列など、繰り返しの作業が多くなりますが、その効率を高めるための多彩な機能が各種搭載されています。1枚1枚の図面を正確に、しかもスピーティに作成できるAutoCADは、クリエイティブな設計作業においても、時間を有効に活用することができます。また、オープンなカスタマイズ(ソフトウェアの設定や設計を調整し、ユーザの好みに合わせて作り変えること)環境を持ち、業種に合わせた仕様で運用できることも強みです。初心者の方が、これら多彩な機能を習得する際に、分厚いマニュアルを手に、戸惑わないように、リカレントでは段階的・体系的な学習方法を導入しています。

AutoCAD
Autodesk Architecture

AutoCADに建築設計機能を追加した建築3D・CADです。建築設計に特化したツールとコンテンツを装備しており、壁やドア、窓といった建築用パーツ搭載のほか、設備系/電気系コンテンツ、積算や見積機能など、建築設計をトータルにサポートしています。最大の特徴は、オブジェクト指向という点です。オブジェクト指向とは、建物を線分や四角形などの基本図形で作図するのはではなく、壁や屋根、窓といった建築パーツで配置していくことです。配置されたパーツは、2次元と3次元両方の顔を持つ、ハイブリッドな図形となっています。これを、視点の変更により、2次元的な平面図や、立面図、3次元的な等角図やパースとして表現します。また、設計変更が生じても、数値の変更が、建築パーツの形状にリアルタイムに反映され、シミュレーションが容易です。レンダリング機能も充実しており、リアルな形状モデルが表現できるのも魅力となっています。建築設計においてフレキシブルな設計を実現する心強いソフトです。

Autodesk Architecture
Autodesk Inventor

2次元・3次元融合設計環境を提供するソフトです。明瞭なユーザーインターフェイスで、操作性にも大変優れています。ポイントを効率よく学習すれば、他の3Dソフトに比較して、短期間での習得が可能となっています。近年の製造業界では、設計だけでなく、製品開発プロセス全体における効率化を目指すことが必要とされています。これらのニーズにいち早く対応して、進化をつづける「Autodesk Inventor」は、製造業界の大半を占めるミッドレンジCADの代表格で、業界シェアNo.1となっています。制作・組立てのための図面をより早く、より簡単に作成する多彩な機能で、設計プロセスにおけるさまざまなミスを減らし、下流工程へのスムーズな情報伝達を実現します。また、より柔軟でさらなる価値を広げる新機能搭載で、拡張性にも富んでいます。2次元から3次元への過渡期である製造業界においては、まさに問題解決の救世主となるソフトです。

Autodesk Inventor
Autodesk 3ds Max

3Dモデリング・レンダリング・プレゼンテーションに最適なソフトウェアで、リアルなデザインビジュアリゼーションを作成できる最新のテクノロジーを搭載しています。もちろんAutoCADやAutoCADベースのソフトとのデータの連動性も高く、AutoCADでモデリングしたデータの照明検討、レンダリングを行うことができます。業界標準で使用されているAutoCADのデータをそのまま利用できるのは、作業効率アップの大きなポイントです。機能面での大きな特徴は、グローバルイルミネーションといった機能の搭載で、間接照明や柔らかな陰影、色の反射など、微妙な表情を表現できることなどがあげられます。照明に関しては、ルクスやカンデラなど、実際の照度光度により調整が可能となっているので、シミュレーションが容易です。設計意図を明確に伝えるリアルなプレゼンテーションを実現します。

Autodesk VIZ
GRAPHICS APPLICATION SOFT

CAD/デジタルパース講座では、習得したCAD技術のサポートスキルとして、3DCG技術+グラフィックソフトを学べるコースもあります。スキル習得ができれば、制作物のクオリティを飛躍的に高めることが可能となります。

Adobe Photoshop

CAD/デジタルパース講座でも学ぶことができる画像加工ソフトの世界標準といわれるソフトです。印刷用原稿などの画像編集ソフトの定番として国内でも幅広く利用されています。フォトレタッチソフトと呼ばれ、既存の画像に特殊効果を施したり、編集したりすることが主な機能です。多彩な描画機能も備えていて、多機能ぶりには定評があります。CG作成においては、壁や天井といった仕上げ素材の画像データを加工したり、建物と立地(背景)を合成するなどの作業に役立っています。また特殊効果(光や水の反射など)も簡易的に行うことができるため、時間やデータ容量の削減にもつながります。CGをよりリアルに表現するために、なくてはならないソフトとなっています。

Adobe Photoshop
Adobe Illustrator

CAD/デジタルパース講座でも学ぶことができる、世界標準グラフィックス描画アプリケーションソフトの代表格です。画像を点の座標や点を結ぶ曲線の方程式のパラメータなどで扱うベクター(ベクトル)データを作成、修正することができます。直線や曲線、円などの基本図形を組み合わせて作図を行います。ベクター形式の画像は、輪郭の修正が比較的簡単にでき、解像度によらず高品位な表示が得られるなどの特徴があります。CG作成においては、最終的なレイアウトの調整や、ロゴマーク、キャッチコピーなどのプレゼン要素をまとめる役割で活用されます。魅力的なボード作成には欠かせないソフトとなっています。

Adobe Illustrator
このページのトップへ

コンピュータ教育事業者協議会