DTPグラフィックデザインの豆知識・用語集
デザイン・資格の専門スクール リカレント

DTPデザイン豆知識・用語集

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
豆知識・用語集

DTPのワークフローに欠かせない専門用語・作業内容の解説です。

Photoshop

グラフィック業界の標準ソフト。主に画像(写真)の編集・加工が得意でイメージ的な画像合成やファイル変換、ロゴデザインには必須。

レタッチ/合成

画像データにさまざまな加工(レタッチ)を施したり、画像を合成したりなど、必要に応じてイメージ的な画像作成も可能。

画像補正/スキャニング

さまざまな状況で撮影されたデータは、適正な画像になるよう、補正が必要。フィルムや原稿のスキャニングも必須。

データ変換

画像データを印刷に使用できるよう、色や画像解像度、ファイル形式など、適性なデータに変換することが可能。

 
Illustrator

グラフィック業界の標準ソフト。図形や線画、文字の扱いが得意で地図やロゴデータ、名刺やチラシ、ハガキなどのデザイン制作には必須。

ロゴマーク

企業のロゴマークは殆どIllustratorで描かれている。企業の顔となるロゴマークを含めた、細かいマーク類の制作もIllustratorは得意。

地図(Map)/表紙

旅行パンフなどに掲載されている「地図」や「チャート図」などもIllustratorで制作されている。地図はまずトレース作業から制作。

名刺/ポストカード/チラシ

一枚物の各種印刷物であれば、Illustratorで制作が可能。名刺やポストカード、チラシから広告などをレイアウトすることができる。

QuarkXPress /InDesign

雑誌などのページが続く制作物のレイアウトに使用されるページレイアウトソフト。電子書籍や他メディアにもデータの転用が可能なInDesignが主流。

作業効率

レイアウトする上で作業効率は重要な要素になっている。雛形の利用や、文字に関してのスタイル設定などを考えたデータ制作は必須。

レイアウトデザイン

紙面レイアウトをより効果的に表現するために、写真の大きさや文字の流し方を考えていく。余白のとり方や版面の面積も重要なデザイン要素。

フォント

印刷前提のデータ作りの上で、「フォント」は最も重要な要素になっている。フォントの選び方から種類にいたるまで、デザイン的にも重要。

ワークフロー

制作での各作業工程の把握は、特に分担作業での仕事を進める上で欠かせない要素。ワークフローを念頭においたデザイン制作が必要。

このページのトップへ

コンピュータ教育事業者協議会