商空間デザイン講師紹介
デザイン・資格の専門スクール リカレント

商空間デザイン講師紹介

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
講師紹介

リカレントの講師は、全講師とも実務経験・教育経験豊富な現役のプロです。授業を通して現場でのノウハウを皆さんに分かりやすく伝授。受講生が目的を達成できるように情熱を持って、日々努力・工夫しています。

加藤 明講師
加藤 明講師 Akira Katoh
ライティングデザイナー/インテリアデザイナー

表現のために手にする事の出来る素材には限りがありません。

文学は文字を、音楽は音をその表現の素材にして、それらを通してしか伝わらない事を実現します。デザインは「かたち」を生み出す事とも言えますが、その「かたち」にして初めて伝わる事があるのです。光やあかりも同じ様に照らす事によって空間や場所を生み出す事が出来ます。そこに何を表現し何を伝えるのか、それがデザインの持つ大切な責任です。「表現」を「表現力」にしていく「ちから」を自ら創造し生み出していきましょう。

根本 育洋講師
根本 育洋講師 Yasuhiro Nemoto
一級建築士 / 空間デザイナー

必要なのは先端を行くデザインと、経営感覚です。

インテリアデザインとは、人を集めて利益を生み出す空間をつくるということ。地域にはどんな人々が住んでいるかを、年齢層・ファッション等でリサーチし、訴求できるテーマを探ります。デザイン性も必要ですが、ビジネスと捉えるとデザイナーでも、その店鋪の売上げ予測や、相当予算を考える必要があります。制約がある中で、いかにトレンドリーダーたるべきデザインができるかという考察は、この仕事のやりがいでもあります。

早川 誠也講師
早川 誠也講師 Seiya Hayakawa
一級建築士 / インテリアデザイナー

日常生活の発見や疑問
デザインのヒントになります。

日常生活で起こっていることが、デザインやコーディネートの発想にヒントを与えてくれます。何か道具を使って、「使いやすいけど、どうしてかな」とか、服を選びにいって「これを作ったデザイナーは、その時どんなこと考えていたのかな」というような、発見や疑問を持つとよいと思います。

このページのトップへ
関連リンク

コンピュータ教育事業者協議会