照明お問い合わせ/Q&A
デザイン・資格の専門スクール リカレント

照明デザインお問い合わせ/Q&A

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
Q&A

よく質問される内容をこちらのQ&Aにまとめましたのでご参考にしてください。但し、厳密には皆さまの目標や状況、経歴によっても、ご回答内容は微妙に変わりますので、ぜひ個別カウンセリングにご参加ください。

Q1. 全くの未経験から始めても大丈夫ですか?

A.

はい。大丈夫です。照明デザイン講座のコースカリキュラムは未経験者対応となっており、基礎から実務レベルのスキルまで、段階的に習得できるように設定されています。実際に受講生の80%以上の方がデザインの学習、CADや製図の経験がない方です。また、授業以外にもフリートレーニングやテキストを使用して授業の予習・復習をすることもできます。また、合格保証制度や再受講制度などリカレントには未経験者支援サポートシステムが充実していますのでご安心ください。

Q2. どのような方が通学されていますか?

A.

本講座受講生の多くは、未経験だけど、とにかく照明やインテリアデザインに関することに興味があって大好きという方です。また、非常にモチベーションが高く、ほぼ100%就・転職希望者です。年齢は19歳〜40代まで幅広い層の方が通学されています。男女比は、ほぼ半々。職業は会社員の割合が多いのですが、アルバイトや学生の方の割合も増えてきています。ですから、クラスにはいろんなタイプの方がいて楽しく賑やかです。

Q3. DIALuxの特徴を教えてください。

A.

DIALuxは世界標準の照明計画/照度シミュレーションが可能なフリーソフトです。数年前に日本語版が公開され、LEDの普及と共に照明業界で需要が急激に伸びています。照明器具の配光曲線や光束がデータ化されたIESデータを読み込むことで、忠実な照度シミュレーションが可能となります。更に、照明計画の際にイメージをヴィジュアライズしたり、照度分布図などのプレゼン資料も作成できるなど、照明業界の業務の時間や流れを大きく変化させています。しかしながらDIALuxを使いこなせる人材が不足しているのが実情です。

Q4. CADにはいろんな種類がありますが、Vectorworksの特徴を教えてください。

A.

Vectorworksはインテリア業界の標準ソフトで、圧倒的支持を受けているCADです。Vectorworksがインテリア業界標準ソフトといわれる理由は、2次元の図面作成だけではなく、3DCGの専用ソフトでしか実現できなかった質の高い、美しいレンダリングを容易に可能にしているからです。この能力により、クライアントにデザインイメージを正確に伝えること、多彩で説得力のあるプレゼンテーションを行うことが可能です。今後はVectorworksを中心にインテリア業界も急激にデジタル化が進むことが考えられます。

Q5. 照明デザイナーにもCAD技術は必要ですか?

A.

必要です。照明計画や配灯計画、建築化照明のデザイン・設計など、照明デザイナーも図面を扱います。また、業界標準のCADソフトVectorworksのデータは、世界標準の照明計画/照度シミュレーションソフトのDIALuxへのデータの取り出し、取り込みも可能です。照明デザイナーとして、速く正確に図面を描いたり修正する業務、照明計画や照度シミュレーションなどをする業務をする上では、CAD技術は必須スキルと言えます。

このページのトップへ
関連リンク

コンピュータ教育事業者協議会