No9.2019年4月10日号

ノエルのメルマガ【No.9_2019年4月10日号】をお届けします

EAPカウンセラーノエルがこころの健やかをお届けします

新年度が始まりましたね。皆さん、さぞいろいろなことにお忙しいかと思います。
どうかご体調には気をつけてくださいね。No.9は、季節がら「新しい」をテーマをお届けします。
毎月10日と25日、EAPカウンセラーノエルがみなさんに「こころの健やか」をお届けしています。
好奇心旺盛なノエルが、みなさんに新しい興味や気づき、ちょっとした癒しを提供できたら嬉しいです。

作品名:どの花見てもきれいだな


EAPカウンセラー修行中のノエル。前号ではクライエントさんに卒業されちゃって、さびしくなりました。
それでも、風に舞う桜の花びらを愛でつつ、一応張り切って新年度を迎えたノエルのはずが……んんん? 一体何が起こったのでしょうか?!

画:路歌 乃音(Roka Nooto) 協力:マンガ教室ダイチ

メルマガをお友達にシェア!

facebook

google


人はなぜ新しいものに
心惹かれるのか

ノエルちゃんにまたまた試練が…困りましたね。
この季節、皆さんにも少なからず同じような経験がありませんか?

シーラカンスってご存知ですよね

皆さん、シーラカンスってご存知ですか?
生きた化石と呼ばれています。
3億5000年も同じ姿のままで、命を受け継いている魚です。

シーラカンスは、環境の変化が少ない深海に進出した亜種は生き残り、環境の変化が多い浅瀬に進出した亜種は絶滅しました。

3億5000年も同じ姿のまま、同じ暮らしをしているのです。なんだかすごいですね。

古来より人間にビルドインされたもの

一方で、私達は常に新天地を求めて地上に進出し、アフリカで人類化してからも地球全土に広がったご先祖の子孫です。

ずっと同じところで、変化のない暮らしをしていたら、退屈で死んでしまうようにできているのです。

そう、私達にはそんなご先祖から受け継いだ「常に目新しい何か」を求めるマインドがビルトイン( built in=内蔵) されているのです。

心理学ではこのマインドを「新奇性追求」と呼んでいます。

流行があるのも、TVドラマの回転が早いのも、仮面ライダーに、常に新しい敵や2号ライダーが登場するのも、すべては私達の新奇性を刺激するためです。

なので新人さんが入ると「お!!」となってしまいます。

そして、その瞬間は人の限られた注意資源がそれに集中しちゃうので、古いものは一瞬目に入らなくなるのです。

でも、古いものが要らなくなったわけではありません。
変化の少ない深海に進出したシーラカンスが生き残ったように、変化のない何かが、本当は私達を支えているのです。

目新しいものがあると一瞬はそこに心を奪われるのが人間です。
でも、しばらくすると、変化のない当たり前のものの価値に気づくことでしょう。

私は、当たり前のものを目新しいものと同じように大切に思えることが、成熟した大人の条件だと思っています。

【Profile】 杉山 崇 Takashi Sugiyama

神奈川大学人間科学部 教授、心理相談センター 所長臨床心理士、1級キャリアコンサルティング技能士

精神科、教育、福祉、産業など各領域の心理職を経て日本学術振興会特別研究員に。
神経(脳)活動・心理過程・社会的関係の相互作用を考慮したうつ病研究を行う。
「心理学で幸せを増やす」をテーマに教育研究および心理・キャリア相談に従事する一方でテレビや雑誌などメディアを通じた啓発活動の実績も多数。

杉山 崇 Twitter


自己肯定感(Self esteem)

 自己肯定感とは

自己肯定感(self esteem)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、
自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉です。(引用:Wikipedia)

もうちょっとわかりやすく言うと、ありのままの自分を認めて、受け入れている状態で、
「こんな自分でいていいのだ」「自分は自分が嫌いじゃない・むしろ好きである」
「自分にはきっと価値がある」「自分は大切な存在だ」
と思える感覚でしょうか。

自己肯定感は高い・低いというように表されます。

自己肯定感が高いから優れている、よい、とか
低いから劣っている、悪い、といった、優劣ではかるものではありません。
ただ、この感覚の高低は、私たちの日々の生活や、人生に与える影響は少なくないのです。

みなさんは、いかがですか?
自己肯定感、高そうですか? 低めかもしれない…なんて思ったりしますか?

今回、ノエルは「自分なんてもう価値がないってこと?…」と嘆いていました。
これは、まさに自己肯定感が落ちている状態です。

 自己肯定感の重要性

自己肯定感は近年、さまざまな分野でその重要性が唱えられるようになりました。。
育児や教育、子どもだけではなく、若者や社会で働く人々、病気や障害を抱える人々…。

人として日々を送り、人生を生きていくには、「自分を肯定できる力」がどれほど大切かということです。

自己肯定力が高い状態のときは、感情が安定している、周りに振り回されずに、自分らしくいられるようです。

それによって自分や周囲の物事を肯定的に捉えられ、いろいろなことに意欲的・能動的になれる、といわれています。

一方で、自己肯定感が低くなっていると、「自分なんてダメなんだ」「自分なんてただのお荷物だ、いても仕方がない」などと自己卑下して、物事も否定的に見てしまい、精神的に辛くなってしまいます。
自己肯定感がひどく下がった状態が長く続くと、うつ病や適応障害といった心の病気にもつながりかねません。

 自己肯定感の効力

自己肯定感は、自分自身だけでなく、他者へも、その効力を発揮します。

自己肯定感の高い人は、自分を大切にするように他者も大切にできます。
人のよいところに着目して、尊重することで、信頼関係や良好な人間関係をつくることが上手だといわれています。

自己肯定感が低いと、人に対しても批判的になったり、対人関係でトラブルを抱えやすくなります。
生きづらいなぁ…そんな思いをいつも抱えていたり…。

自己肯定感が私たちの日々や人生に大きく関っている…
なんだかとても納得してしまいますよね。

 自己肯定感を高める

私たちは自然界の中の生物として、日々いろいろな体験をして生きています。海に波があるように、人の感情や思考にも波があります。

今は、ちょっといろいろ辛い状況で自己肯定感が落ちてるな…、あの頃は、すべてがうまくいっていて、自己肯定感はメチャメチャ高かった、

そんなふうに自己肯定感は変化したり、成長したりするものです。

だからこそ、自己肯定感が落ちている状態ならば、ぜひ高めるような心の持ち方や、行動をしたいですね。

一番手始めにやれるとよいことは、「自己否定をしないように意識する」こと。
少々うまくいかないことがあっても「世の中・人生そんなものだ」と気にしないことも効果的です。
自分が「好きなこと・楽しめること」に無心に取り組んでみること、もいいですね。

どうでしょう?
ぜひ、今ちょっと落ち気味の方がいらしたら、ぜひ意識してみてください★

それでも自己肯定感が上がっていかない…自分が嫌いだな…どうしていいかわからない、
と辛いようなら、コーチングやカウンセリングを受けてみる、という手もあると思います。


From Dr. 
新年度のこの時期からは、職場や社内での立場が変わったりで
職場不適応を起こす人が増えてきます。
ぶつけどころのない不満やイライラ、おもしろくない思いを抱えている方へ、
ひと言メッセージです。

人がチヤホヤされているのを、ただ傍観している…
これは確かにおもしろくないシチュエーションですね。
実は昔むかしにも同じような気持ちを味わったことはありませんか?

そう、幼い自分に突然に押しつけられた弟や妹。
ママもパパも新しい赤ちゃんに夢中になって、自分のことはもう忘れちゃったみたいだった。

それまでは、歌っても絵を描いても大騒ぎで喜んでくれたのに、もうほぼ放置…。
たまらなくさびしい、ふてぶてしい気持ちになったことは、なかったでしょうか。

きょうだいのいない人は、クラスにやってきた転校生にばかり先生がやたら目をかけていた、大学生だったあなたは、サークルの先輩が一年生ばかりを可愛がっていた。

今、あなたは、ちやほやされている新人を傍らで見ていて、
そんな時と同じ気持ちになってはいませんか?

もういい年をした大人なのに自分って…と恥ずかしく思う必要はありません。
人の心の動きって、案外、誰も同じで単純なんです。

さて、以前はどうやってその切ない気持ちを乗り越えてきたかを考えてみましょう。

まず、妹や弟の面倒を優しく見てあげたら、
両親に「いい子ね~」「さすがね~」と褒められませんでしたか?
嬉しくなって、得意な気分でお世話焼きをしませんでしたか(笑)?

それから、相手の優れたところを素直に認めることも、いい方法です。

ライバル視しているのに、その相手をあえて褒める行為を、
心理学では「反動形成」といいます。
これは、自我(自分自身)・心を守るための防衛策とも考えられています。

無理し過ぎは心の健康にもよくないですが、気持ちよく相手を認めてあげられるとしたら、案外と、不思議なくらい自分の心の安定にも役立つはずです。

そして、それは新人のお手本になるような、
先輩としてのステキな振る舞いになるでしょうね。

ここはひとつ、新人登場をバネに「カッコいいオトナ」に成長しましょう!

お答えするのは
【ノエルふぁーむ かかりつけ医】
Dr.Satake
精神科医・臨床心理士・日本医師会産業医


EAPカウンセラーに限らず、人の悩みや迷いなどのこころのお話を聴くカウンセラーにとって、何よりも大切なのは、クライエント(相談者)との間にラポール(信頼関係)を築くことです。

そして、このラポール形成のために、「こんなふうに話を聴くとよい」ポイントをお伝えします。前回の続きの【後編】です。

ラポールを築くために効果的な話の聴き方
10のポイント【後編・前号①~⑤の続き】

⑥話の要点を要約する 

相談者の話しを流れに沿って、ところどころでまとめ、伝え、確認する。
理解がズレていないかの確認になる。また、「きちんと聴いていますよ」というメッセージになることで、相談者は「そうそう」、という感覚・安心感・信頼感を得る。

⑦気持ち・感情の反射(リフレクション)をする

話の中で気持ちや感情が表現されたときは、反射するように伝え返す。
すると、相談者はわかってもらえている感覚を抱く、自分の中の心の動きに新たに気づいたり、確認できたりします。

例)
クライエント「上司にひどく怒られて、初めてのことだったのでとてもショックで…」
カウンセラー「初めて上司に怒られたことが、とてもショックだったのですね…」 

⑧沈黙を待つ

相談者が話しの途中で黙ってしまうことがあります。
沈黙する理由として、自分の考えや思いを深めていたり、こころの中で問題を整理していることが多いものです。
そんなときは、じっと見守り、沈黙におつきあいするとよいでしょう。
カウンセラーも一緒に沈黙を味わう、ようなスタンスでいたいものです。

⑨ はげます(認める・ねぎらう)

相談者のありのままを受容・共感し、これまでできてきたこと、今できていること、などを評価し、認め、ねぎらい、励まします。
そのことで、相談者は理解者がいること、自分は大丈夫なことを実感します。

⑩ 肯定的に言い換えることで視点を変える

相談者の文脈を、違った視点から見た「肯定的な言葉に置き換える」ことにより、相談者がまだ気づいていない考えや見かたに気づくことがあります。

それによって、「そんな考え方もあるんだ、そんなふうに見たら、今の状況もさほど問題ではないかもしれない、大丈夫かもしれない」のように、心の負担が軽くなったり、前向きに捉えて元気が出てきたりすることもあります。

例)
相談者「自分ばかり仕事を押しつけられて、終わらなくて残業ばかり…。
自分は能力が低いのだろうか、この仕事に向いてないのではないでしょうか…」

さぁ、こんな相談者の語りに対して、カウンセラーはどのように返すのでしょう?
見てください。カウンセラーの発言の後、相談者がChange(変化)していますよ。

カウンセラーの返しの一例)
「仕事をたくさん頼まれるのは、●さんが職場で信頼されているから、期待されているからではないでしょうか? やってもやっても終わらずに残業になってしまうのは、●さんが丁寧に責任感を持って、仕事に向き合っているからではないでしょうか?」

このような感じです。いかがでしょうか?
このように瞬時に「視点の切り替え」ができる、これは、さすがプロ(専門家)の技ですよね。

けれども、こういったカウンセリングのテクニックは、専門的に学ぶことで身につけることができるのです。

もしもカウンセラーという職業や、カウンセリングに興味を感じ、悩んでいる・困っている誰かをサポートしたい、そんな
気持ちがあるなら、ぜひ専門的に勉強してみてはいかがでしょう?


そういわれてみると、4月は「新しい」がいっぱいあるようだ。
この「新しい」は、実は案外と曲者である。
だってノエルも一撃された。
そこで今回、ノエルは「新しい」にまつわる人間社会の出来事や人間のこころ模様をチェックしてきました。

人間はとにかく「新しい」が好き

だって考えてもみてください。

「新春キャンペーン」「新製品」「新車」「新築」「新刊」「新星」「新妻」「新元号」と人間はとにかく無類の新しいもの好き。

人間の世には、「新しいもの=価値があるもの」とばかりに、あっちもこっちも新しいだらけ。ふーん。

杉山先生が教えてくれたけど、これはもはや人類の本能なわけなのだね。
だからか。羊には今ひとつわかりきれない。人間は実に不可解だ。

  • 4月の新しいといえば、まずコレ

    皆さんは、どんなことを思い出しますか?

    そう、4月といえば「入園式」「入学式」「入社式」ですよね。
    懐かしくないですか?

    幼稚園や保育園の入園式は夢や希望に満ちあふれている。
    子どもたちのキラキラした瞳や笑顔には未来を感じます。
    この子たちのためにも、人間のオトナのみなさん、しっかりやってください。

そして、ピカピカの一年生も、なんとも愛らしい。すべてを吸収しちゃいそうな純真さには、責任を感じます。
人間社会の教育、頼むぞ!

社会人一年生は、どうしてあんなに社内で浮き上がるのか謎なほど初々しい。その姿には燃える意欲を感じる。
人間の先輩みなさん、ボーっと働いてんじゃないよ!
(NHK「チコちゃんに叱られる」の真似)

うーん、みんな新しくて素敵! キラキラしています。

やっぱり「新しい人」にはエネルギーを感じます。

  • 今、新しい人じゃなくてもダイジョウブ

    ここまでくると、新しくない人はがっかりしちゃうかなぁ?

    「私なんて新人でもないし」
    「もう墓場に片足つっ込んでるようなもの」

    チョット待ってください!
    みなさん、ダイジョウブです!(たぶん)

    なぜなら、「新しいことをやる」ことで、あなたも新しい人に生まれ変わることができるからです。人は、新しいことに取り組むことで、新しい自分になれる。

    確かに。
    新しいことを学んだり、体験する場なら、そこでは「わたしも新人」なわけだ。

  • 春は新しいことにチャレンジするのに絶好のようです。

    何かやってみたい新しい趣味とか、習い事とか、資格取りたいとか、新しい人に出会いたい、とかないでしょうか?

    人間社会はあなたを全力で応援してくれる。

    社会人になっても新しい勉強をすることで、新しい人生(Life)や明日(tomorrow)を拓くことをお手伝いしてくれる学校まである。
    ← 見覚え・ありますか?

  • 【INFO】
    リカレントEAPメンタルヘルススクール
    http://www.recurrent.co.jp/eap/

    リカレントキャリアデザインスクール
    http://www.recurrent.co.jp/cc/

「新しい人」に聞いてみました!

最後に、資格を取得して、この4月から新しくEAPカウンセラーになった方と、カウンセラーを目指して、新しくリカレントメンタルヘルススクールで勉強を始めたという、「新しい人」に、お話を聴いてみました!

◆心理カウンセリングコース

もともと人や心理学に興味があって、心理学を専門的に学んだら、きっと自分や部下のためにも役立つだろうと思って勉強を始めました。今は相談業務には直接は関係ない開発部門にいますが、資格を取ってゆくは人事部に転部できたら、なんて願いも持っています。あとは退職後のセカンドキャリアとしても、今のうちに準備しておくといいなと思って。新しい知識やスキルをたくさんつけられそうでワクワクしています。
(40代・IT企業勤務)


わ~ この熱意と計画性はすばらしいですね。今や人間は100年も生きなくちゃならくなったようだし。心理学は自分にも人にも仕事にも、本当にあらゆることに活用できます。ぜひみなさんも!
◆EAPメンタルヘルスカウンセラー資格取得

現場で利用者さんをケアをするのに、福祉の知識や介護技術だけでは足りないと痛感していました。
もっと心のケアができるようになりたいと思って資格取得を目指しました。学びは新しい領域がほとんどで、とても充実していました。
特に嬉しかったのは、新しい仲間がたくさんできたことかな。これから、身につけた専門性を武器に、もっと自信を持って仕事に一層励んでいきます。
(50代・福祉施設勤務)


新しい武器! カッコいい~。自己肯定感も上がりますね。サポートを待っているたくさんの人を喜ばせてあげてください!

人間社会には、ありとあらゆるチャンスが用意されている。
そう、人間は新しいのが、好きだから。

人間社会はなんて便利。

人間はなんて親切。

【ノエルの見学レポート】

もうモエルやサエルに負けないよ、ノエル! 

「世界にひとつだけの花~♪」なんて名曲もあった。
「咲いた・咲いた♪ のチューリップの唄」だって、最後は「どの花見てもきれいだな」と言ってくれている。

そう、ノエルはノエルがいい。
ノエルでよかった!

人間のみなさん、お互い頑張りましょう。
ノエル、次は何の資格を取ろうかな~。


日本初!EAP専門スクール

カウンセリングや、EAPカウンセラーについていろいろなことを教えてくれるセミナーです。
行ってみると、きっと新しい気づきや学び、出会いがあります。

EAPカウンセラー授業体験セミナー
~専門家のEAPカウンセラーがいろいろ教えてくれる~

内容 今、ますます必要性の高まっているメンタルヘルスへの支援。心理カウンセリングや、EAPカウンセラーの活躍する場面は、社会の中で増え続けています。

授業体験セミナーの前半は、メンタルヘルス対策のニーズが高まっている分野について、事例を交えながら詳しく解説します。メンタル不調の方に有効な心理カウンセリング技法や、短期で結果の出せる心理療法、働く人やその家族を支援する切り札として注目されているEAP(従業員支援プログラム)についても解説します。

後半は現場で実際に用いられている心理アセスメントや心理療法を授業形式で体験できます。
メンタルヘルスや心理カウンセリングに興味があり、カウンセラーの資格取得やパラレルキャリアをお考えの方にも大変有意義なセミナーです。ぜひお気軽にご参加ください。

日時/場所 [1] 4月13日(土) 10:00 ~ 12:30 リカレント東京

[2] 4月14日(日) 10:00~ 12:30 リカレント新宿 ※まもなく満席

[3] 4月21日(日) 14:00 ~ 16:30 リカレント名古屋

[4] 4月21日(日) 14:00 ~ 16:30 リカレント銀座

[5] 4月28日(日) 10:00 ~ 12:30 リカレント横浜

セミナーのご予約はこちら

担当講師 リカレント専任講師
空き状況 空き席まだあります。
備考 ※受付は30分前より行っております。

【セミナー参加者の声】

  • どんな場なのか、すごく緊張しましたが、先生がとても温かく迎えてくれて、すぐに緊張が解けました。いろいろな心理の世界の話が聴けて、とても興味深くて楽しかった。
  • カウンセラーって一体どのような職業なのか知りたくて参加。自分に向いているか未知だけれど、おもしろそうなので、もっと勉強してみたいと思った。
  • メンタルヘルスや心理学の専門知識は、自分や家族にも役に立つと思いました。
  • 短時間でポジティブなエネルギーをもらった感じです。

リカレントメンタルヘルススクール
EMCA地域支援活動
EMCAまちなか相談室

地域のこころのセーフティネットEMCAまちなか相談室

仕事のこと、周りの人間関係のこと、子育てのこと、親の介護のこと、自分の将来のこと…ちょっと悩ましい、なんだかモヤモヤする、どうしたらいいのかわからない、誰かに話を聴いてもらいたい…そんな時、気軽に話ができる地域の身近なこころの相談室です。

グループ交流サロンでは、メンタルヘルスケアに役立つ知識や心理学を伝える勉強会をしたり、心が癒される・元気が出る体験ワークなど、バラエティな学びと「ほっこり」を提供したいと思っています。皆さん、ぜひお気軽にご参加ください。

開催日時 ①毎月第1金曜日(5月5日はGWでお休みです)
10:00~12:30 グループ交流サロン
13:00~16:00 お悩み個別相談(ひとり50分3枠)
②毎月第4水曜日(4月26日/5月31日

13:00~16:00 お悩み個別相談(ひとり50分3枠)
会場 新宿NPO協働推進センター会議室
参加費 個別相談・グループ交流サロン参加費:
ワンコイン500円
お申し込み 新宿NPO協働推進センター
TEL:03-5386-1315 (11:00~18:00)
E-mail:hiroba@s-nponet.net

メルマガをお友達にシェア!

facebook

google

次回のNo.10配信は2019年4月25日を予定しています。

お楽しみに★

配信停止ご希望の方はこちら→

リカレント メンタルヘルススクール

COPYRIGHT (C) 1998-2018 Recurrent Corporation. ALL RIGHTS RESERVED.