コース一覧

EAPメンタルヘルスカウンセラーとは

* 従業員を支援するメンタルヘルスカウンセラーとして、メンタル不調などが原因で、仕事のパフォーマンスが低下している人に対してカウンセリングを行うだけではなく、 メンタル不調のある部下や同僚を持つ人に対してもカウンセリングを行い、問題解決を支援します。 また、アドボカシースキル(代弁機能)を習得しているので、対個人のカウンセリングにとどまらず、 相談者の代わりに意見を代弁したり、相談者が属する組織に対しても具体的なアドバイスや提案を行ったりします。

EAPメンタルヘルスコンサルタントとは

メンタル不調者やメンタル不調者が所属する組織に対してカウンセリングを行ったり、 メンタル不調者の代わりに代弁したり、組織に対して具体的なアドバイスを行うといった「EAPメンタルヘルスカウンセラー」としてのスキルに加え、 企業や組織に対して、メンタル不調の防止や予防、組織のパフォーマンス向上を目的に、 EAPの導入を提案するコンサルテーションスキルを持っている「EAPのスペシャリスト」であることを意味します。

そのため、企業の人事・総務の分野で、社内に内部EAPを構築し、メンタルヘルス対策・推進を行う担当者として総合的に活躍したり、 外部EAPとして、EAPサービスを提供する会社で企業へEAPの導入を提案したり、新たにEAPサービスなどを行う会社を立ち上げるなど、 幅広い活躍の道が開けています。

*

「心理カウンセラー」との違いは?

「心理カウンセラー」は、人を支援するカウンセラーとして、個人に対するカウンセリングを行っています。
「EAPメンタルヘルスカウンセラー」は人を支援するカウンセラーという位置づけは同じですが、個人のカウンセリングを行うだけではなく、クライアントの代わりに意見を代弁したり、組織に対しての提案やアドバイスなどをトータルで行うことができるスキルを習得しています。また、必要に応じて医師との連携を踏まえた提案を行うこともできます。
心理カウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラーなどの資格を取得されている方も、スキルアップや活躍の場を広げるために、多数受講されています。

*