コース一覧

EAPとは何?

* EAPとはEmployee Assistance Program(従業員支援プログラム)の略で「働く人のメンタルヘルスケア」のことです。 EAPは、1984年にアメリカ合衆国政府機関が公式規定を作り全米の企業に普及。 従業員の心の健康をサポートするメンタルヘルスケアのプログラムとして高い評価を得ています。 企業が健康管理センターのような形で社内にEAPを設置するケースと、外部のEAPサービスを提供する会社を導入するケースがあり、いずれもその効果が注目されています。

EAPは従業員のパフォーマンス向上に効果的

従業員のメンタルヘルス対策において、先駆的な存在であるアメリカでは、フォーチュントップ500のうち、90%以上の企業がEAPを導入。 EAPサービスを提供する会社の数も12,000社を上回るといわれています。日本でも、いち早く EAPを導入した企業では、従業員による事故やミスが減り、欠勤などによる労働損失が減少。 職場の環境が改善され、従業員の生産性が向上したということが実証されています。

EAP導入による企業のメリット

EAPを導入することによる大きなメリットは、従業員の生産性向上です。 メンタル不調を抱える従業員は、その生産性が著しく低下してしまうことが知られています。 また、上司や同僚など周辺の方への負担も増大してしまうため、組織全体の生産性に対しても影響を及ぼす場合があります。 メンタル不調者に対して早期の対応をとることにより、企業の生産性低下による損失を最小限に抑えることができます。 また、うつ病をはじめとするメンタル不全に対して、予防やセルフケア、早期発見を行うことで、生産性低下のリスクを未然に防ぐことができます。