講座の特徴

メンタルヘルスのプロを育成する初心者対応カリキュラム

すべてのコースは、心理学やメンタルヘルスを初めて学ぶ人や、業界未経験者でも安心の初心者対応カリキュラムが特徴です。またリカレントでは、第一線で活躍中の現役プロ講師から直接指導を受けられる「少人数クラス担任制」を採用。現場に即した内容をより実践的に学べる最高の環境を整えています。

未経験から短期間で3つの資格を取得

メンタルヘルスカウンセラー養成講座では、未経験から3つの資格取得を目指せます。1つ目は、EAPメンタルヘルスカウンセリング協会が認定する日本で初めての「EAPメンタルヘルスカウンセラー」の資格(eMC資格)。また日本のメンタルヘルス対策を代表する「メンタルヘルス・マネジメントR検定Ⅱ種」の資格取得にも対応。さらに「国際EAPコンサルタント(CEAP-I)」も取得できます。資格を取得することで、幅広い知識とスキルを習得しているメンタルヘルスケアのプロとしての証となります。
※メンタルヘルス・マネジメント®検定は大阪商工会議所の登録商標です。

大学の心理学科や大学院の心理専攻レベルの内容を短期間で習得できる

カリキュラムは、大学の心理学科や大学院の専攻レベルの内容をコンパクトに、かつ段階的に習得できるように構成されています。初心者でも短期間で実践力が身に付きますので、卒業後は即戦力として活躍することができます。

個人に対するメンタルヘルスカウンセリングだけではなく組織に対する
国際標準のEAPコンサルティングスキルも学べる

即戦力として活躍するためには、現場のニーズに即応できるメンタルヘルスカウンセリングのスキルが必要となります。リカレントでは、個人に対するカウンセリングスキルだけではなく、メンタルヘルス不調者が所属する組織に対するEAPコンサルティングスキルも習得できます。

現代社会が抱える新型うつや発達障害など様々なメンタル不調に対する
対処法が学べる

うつ病による休職者の増加は社会問題にも発展しています。近年メンタル不調を抱える方の症状は実に様々です。現代社会が抱えるうつ病や新型うつなどの特徴や対処法、発達障害を持つ方への職場での対処法、メンタルヘルス不調を予防するための知識など、メンタルヘルスケアのプロとして必要な知識やスキルが学べます。

教育や医療、福祉領域、家族や地域社会にも対応できる
メンタルヘルスケアのスキルが身に付く

メンタルヘルスケアに有効なブリーフセラピー、認知行動療法、交流分析、システムズ・アプローチなどの心理療法や心理アセスメントなどは、教育現場や医療、福祉領域、家族や地域社会など他の領域でも効果を発揮できる有効な手段です。卒業後の活躍の幅が広がります。

学んだスキルを活かすための実践の場やスキルアップの場を提供

リカレントでは、習得した知識やスキルを仕事として活かせるように卒業生をバックアップする体制が整備されています。その一つが、実践体験学習プログラム「RMC(リカレントメンタルヘルスセンター)カウンセリング・プラクティカム」。RMCとはEMCAとリカレントメンタルヘルススクールが運営するこころの相談機関です。メンタルヘルスカウンセラー・EAPコンサルタントとして現場に出る前に経験を積むことが可能です。

カリキュラムとコース紹介はコチラから