コース一覧

職場ではメンタルヘルス対策の重要性が叫ばれています

* 働く人を取り巻く環境が大きく変化しています。 長引く不況の波、リストラ、成果主義の導入、過重労働の増加など、従業員の心理的な負担は増大しています。 また、労働者の自殺やうつ病による休職者が増加し、企業のパフォーマンスに大きな影響を与えています。 職場ではメンタルヘルス対策の重要性が叫ばれる一方で、有効な対策を打てる専門家の数が不足しており、具体的な対策を打てていない企業が大半なのが現状です。

企業へのEAPの導入が日本のメンタルヘルス対策の切り札に

日本では、EAPの効果に着目している米国系企業を中心に、EAPを導入する企業や、EAPの導入を急ぐ企業が増えています。 社内にEAPカウンセラーを配置する企業も増えており、EAPが職場のメンタルヘルス対策の切り札として注目される一方で、 「新型うつ病」と呼ばれる症状の出現や、うつ病による休職者が後を絶たず、 企業のパフォーマンスを向上させるためにメンタルヘルス対策を急務としている企業が多数存在するのも事実です。 今後、EAPのニーズがさらに急増し、人材が不足することが想定されています。

日本にはEAPのプロが必要です

労働者をはじめとする自殺者は14年連続で3万人を超え、うつ病の通院・入院患者や休職者は激増しています。 厚生労働省は「労災認定基準の緩和」を認定。 「精神的負荷による精神障害の認定基準」や「こころの健康づくり指針」を出すなど、メンタルヘルス対策に動きだしています。 日本の未来を変える原動力となるのはEAPのプロです。 リカレントメンタルヘルススクールでは、EAP教育のパイオニアとして次代を先駆ける「EAPメンタルヘルスカウンセラー」、 「EAPメンタルヘルスコンサルタント」を育成し、EAPメンタルヘルス機能を社会の中に位置づけていきます。