イベントレポート

会員限定イベントレポートリカレントで開催した会員限定のイベントやセミナーをピックアップしてご紹介します。

リカレントキャリアデザインスクール
会員限定特別企画「クリスマスパーティー」

2016年12月に開催したクリスマスパーティーには、講師の先生方をはじめ、現在受講中の方から、卒業生の方までが一堂に集まりました。
パーティーは主任講師の工藤倫子先生の「乾杯」のご発声からスタートし、お楽しみのお食事と歓談タイムへ。同じクラスで学んだ懐かしいメンバー達や講師の先生との再会、会員同士の新たな出会いなどで、会場内は話に華が咲きます。
その後、参加者が9つのチームに分かれてクイズ大会が行われました。正解が発表される度に、会場には歓声が上がりました。

そして注目されたのが、卒業生2名の活動報告です。授業を担当した恩師からの嬉しいコメントもありました。卒業生の活躍に、刺激を受けた参加者も多かったのではないでしょうか。
会のフィナーレには、参加者が一つの輪になって行うプレゼント交換会がスタート。音楽に合わせてプレゼントを回していくひと時は、忘れられない楽しい思い出となりました。
リカレントでは会員同士をつなぐ様々なイベント等を開催しています。キャリア業界の人脈や会員同士のネットワークが広がるチャンスにもなりますので、ぜひご参加ください。

参加者全員が一つの輪になって行った「プレゼント交換」は圧巻。

音楽に合わせてクリスマスプレゼントを回す参加者達。

各テーブルでリカレント会員の輪が広がっています。

主任講師の堀口恵子先生から参加者へメッセージが。

クイズ大会で優勝したチーム。記念品の贈呈もありました。

プレゼント交換でもらったプレゼントと共に。

卒業生の活動報告に、コメントをする恩師。

リーダー講師の工藤倫子先生を囲んでのひとコマ。

リカレント会員限定セミナー
認定NPO法人キーパーソン21×リカレントキャリアセンターコラボ企画

年間3,000人の子どもたちがワクワクする「小中高キャリア教育の最前線」
―キャリアコンサルタントの資格を「小中高キャリア教育の現場」で活かす
講師には、キーパーソン21の理事・下川原氏と、キーパーソン21で活躍しているリカレント卒業生・藤谷仁美さんをお迎えしました。
キーパーソン21では、わくわくして動き出す原動力を「わくわくエンジン」と名づけ、17年にわたり、学校・教育施設・企業・行政・地域と連携し、キャリア教育を行っています。
キーパーソン21が子どもたちに対して行っている活動のひとつが、「夢!自分!発見プログラム」です。先生でも保護者でもない社会人とともに、子どもたちが将来の仕事や生き方を考えるプログラムです。これまでに受けた子どもたちは36,000人以上。小中高での事例も紹介されました。子どもたちが自分の「わくわくエンジン」を発見することで、視野が広がり、自分をどう活かすか考えることができるようになるそうです。

下川原 彩氏
講師
認定NPO法人キーパーソン21
専従職員/理事
下川原 彩氏
「自分らしく未来を選択していく力。それは、子どもたちに残せる一生モノの財産です」
下川原 彩氏
リカレントキャリアデザインスクール卒業生
藤谷仁美さん
キャリアについて学びを深めるうちに、キャリアはどの年代にも必要な学びと実感。資格取得後、キーパーソン21の事務局スタッフとして活動中。

その後、リカレント卒業生の藤谷さんが、キーパーソン21との出会いや資格の活かし方として現在の活動を紹介。職を離れる仲間が多い環境に身を置く中で、「働くとはどういうことか?」と考えていたという藤谷さんは、リカレントで学びを深めるうちに、キャリア教育の方面に進みたいと夢を抱くようになったそう。そんなときに「夢!自分!発見プログラム」と出会い、資格取得後にキーパーソン21へ。「リカレントで習得した『傾聴』のスキルが子どもたちとの関わりに活かせています。自分の引き出しにあるキャリアの理論が、子どもという刺激によって実践の場で活かせるようになりました」と藤谷さん。最後に「自分を知る大切さを子どもたちに届けていきたい。そして多くの大人にこのプログラムに参加していただきたい」と自身の思いを伝えました。「小中高のキャリア教育の最前線」に触れられる貴重な機会となりました。

下川原理事から参加者の皆様への問いかけが。

キーパーソン21を発足した背景を解説。

現場での多彩な事例に熱心に耳を傾ける参加者達。

「夢!自分!発見プログラム」の活動を語る下川原理事。

キーパーソン21が実際に行った小中高での事例を解説。

資格をキャリア教育の現場で活かしている様子を語る卒業生の藤谷さん。

セミナー後に下川原理事に質問をする参加者達。貴重な機会に。

キャリア教育の方面に進んだ卒業生の藤谷さんにも様々な質問が。

受講中から資格取得後までをバックアップ
リカレントは日本を代表するキャリアカウンセリングスクールです

リカレントキャリアデザインスクールは開校14年。3,000人以上の卒業生をキャリア業界へと送り出しています。受講中から資格取得までではなく、受講中から資格取得後のキャリア支援までを様々な形でバックアップをしています。

ポイント1:リカレント会員同士のネットワークや人脈が広がるための様々なイベントを開催
リカレントの受講生は80%以上の方が初心者からスタートしますが、資格取得後はたくさんの方が、キャリア業界の第一線で活躍しています。リカレントでは会員同士をつなぎ、人脈や会員同士のネットワークを広げるための場を提供することを目的の一つとした様々なイベントを定期的に開催しています。
会員イベントでは、情報交換や人脈を広げる新たな出会いの場ともなり、リカレント会員のネットワークが広がっています。詳しくは会員限定イベントレポートをご覧ください。

会員同士がつながる集い

ポイント2:各種セミナーや一流講師によるワークショップなどスキルアップの場を用意
リカレントでは、会員の方の「資格取得後もスキルアップを目指したい」「専門性の高いテーマを継続的に学びたい」という声に応えて各種セミナーや一流講師による多彩なワークショップを開催しています。新しいスキルや知識の習得を目的としたものから、実践の場で役立つワークショップ、最新の業界の情報を得られるセミナーまで、無料のものから有料のものまで、幅広くご用意しています。さらに有料のセミナーは、会員価格で受講できます。

多彩な各種セミナーやワークショップ

ポイント3:資格を活かすために業界動向や実践の場など情報提供の機会も多数
受講生の多くが業界未経験者のため、リカレントでは資格取得までではなく、資格取得後のキャリア支援も行っています。リカレントのキャリアセンターが定期的に開催する「就職全体説明会」では最新動向を詳しく解説。
さらにプロのキャリアコンサルタントから個別のキャリアカウンセリング(一人1回50分)を受講中から卒業後まで受けられます。
リカレントでは資格を活かす場として、企業の人事をはじめ、人材紹介、行政機関、大学や専門学校などの各種教育機関のキャリアセンター、研修講師など、様々な情報を提供しています。

資格を活かせる実践の場が多数

TOPICS会員サポートがさらに充実

リカレント会員のための新しいサポート組織 EMCAキャリア部会が誕生
会員のサポートがさらに充実します

NPO法人 EAPメンタルヘルスカウンセリング協会(以下EMCA)とリカレントが連携し、EMCA内に「EMCAキャリア部会」を新たに発足します。「EMCAキャリア部会」はキャリアカウンセリング講座卒業生やキャリア関連の有資格者のための支援組織。リカレントでは今後、リカレント会員の皆様にEMCAキャリア部会を通して、キャリア分野に加えて、メンタルヘルス分野などに関する様々な各種サービスを継続的に提供していきます。

EMCAキャリア部会の活動

  1. 各種キャリア関連の研修会の実施、継続学習の機会の提供
  2. 会員同士の相互交流の場を提供、EMCA会員との交流の促進
  3. キャリア関連求人や各種情報の提供、資格を活かす実践の場の提供