DTPデザイン業界職業案内
デザイン・資格の専門スクール リカレント

DTPデザイン業界職業案内

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
業界・職業案内

DTP/グラフィックデザインを職業にする場合、活躍の場は実に幅広く、出版・広告・印刷・マスコミ・マーケティング等の業界に及びます。

CREATOR  MAP
DTPデザイナー

写真やイラスト、文字データなどを基に、広告や出版物のレイアウトデザイン、大きくは雑誌などのページ全体のイメージを形にするのが主な仕事。印刷に回せるデジタルデータを全て作りあげる。

エディトリアルデザイナー

雑誌や書籍の企画編集および、誌面デザインを総合的にデザインするのが主な仕事。DTPのスキルはもちろん、編集知識やタイポグラフィー、文字組、レイアウトデザインなど、様々なスキルをフルに活用して総合的なデザインを手がける。

グラフィックデザイナー

クライアントの要望を制作物に具現化するために、デザインコンセプトなどを考えて、形にしていくのが仕事。制作物全体の構成やデザインイメージを考え、実際に自分で作業したりと幅広いスキルとデザインセンス・知識が求められる。

DTP/グラフィックディレクター

DTP/グラフィック作業の進行を統括する責任者。デザイナーとのやりとりや実作業をオペレーターに指示する監督作業をこなす。また、デザイナーと印刷会社、サービスビューロー等の"橋渡し"でもある。人に指示を与える中心的役割。

アートディレクター

DTP/グラフィックデザインを統括する責任者。ビジュアル表現や写真の品質維持・グラフィカルな表現などをデザイナーとやりとりして全体像を指示するのが仕事。高いスキルとコミュニケーション能力、表現力・センスが必要。

DTPオペレーター

ディレクターやデザイナーの指示のもと、写真やイラストの作成や、文字データなどの修正が主な仕事。印刷に適性なデータ作成はもちろん、作業スピードや正確性なども要求される。現状では人の指示だけでなく、自分で考えられるオペレーターが望まれている。

このページのトップへ

コンピュータ教育事業者協議会