WEBデザイン業界職業案内
デザイン・資格の専門スクール リカレント

WEBデザイン業界職業案内

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
業界・職業案内

WEBデザインを職業にする場合の活躍の場は実に幅広く、デザイン制作会社・広告代理店・IT企業・制作プロダクション等に及びます。また、社内のWebサイト運営・管理のため、業界問わず、必要な職種です。

CREATOR  MAP
ホームページデザイナー

デザインコンセプトをもとに、画像データなどの素材を使って、実際にWebサイトを具現化していくのが仕事。FlashやFireworksなどのグラフィックソフトに加えて、HTMLは必須知識。

Webデザイナー

クライアントの要望を具体的にWebサイト上に実現していくために、デザインコンセプトなどを考えて、具現化していくのが仕事。Webサイト全体の構成や、デザインイメージを考えたりと幅広いスキルと知識が求められる。

スマートフォンサイトデザイナー

スマートフォンならではのタッチパネルによる使い勝手の良いUIデザインができるデザイナー。PC・タブレット・スマホなどデバイスごとにサイトを最適化させるレスポンシブWebデザインに関するスキルと知識が求められる。

スマートフォンアプリデザイナー

ニーズ高まるスマホアプリを制作するデザイナー。Webサイト用アプリケーションだけでなく、HTML5+JavaScriptを活用したスマートフォン用アプリケーション開発技術が求められる。

Webプログラマー

HTMLだけでは実現できないインタラクティブなWebサイト制作に必要なPerlやPHPなどの言語を用いてCGIと呼ばれるプログラムを組んでいくのが仕事。Webデザイナーとの連携は必要で、CGI利用にはサーバーの基礎知識も必須となっている。

Webディレクター

サイトの統括責任者。クライアントの要望をWebサイト上に具現化する。方向性にあったコンテンツデザインをデザイナーに、必要なシステムをプログラマーに的確に指示をする。クライアントと制作現場の橋渡し的な役割。

Webプロデューサー

クライアントの要望とWebサイトのターゲットを明確にし、予算とスケジュールを落とし込みながら、Webサイトの全体像を方向付けしていく。進行管理や予算管理、サイトのプロモーションなどを統括する仕事。

Webマスター

サイトの管理・運営の責任者。企業内Webサイト専門家として、Webサイトの更新作業、管理作業などが主な仕事。インターネット普及に伴って、作るだけでなく、Webマスターのように管理していく仕事のニーズも急増している。

このページのトップへ

コンピュータ教育事業者協議会