WEBデザイン、グラフィックの豆知識・用語集
デザイン・資格の専門スクール リカレント

WEBデザイン豆知識・用語集

>校舎のご案内 >WEBからのお問い合わせ >サイトマップ
お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-80-9217 受付時間 平日:10:00〜21:30/土日祝:10:00〜18:00
豆知識・用語集

Webのワークフローに欠かせない専門用語・作業内容の解説です。

Internet Explorer

代表的なブラウザソフト。ホームページを閲覧するためのソフト。ソフトやバージョンによって表示の違いがある。

APPLICATION
Photoshop

グラフィック業界の標準ソフト。主に画像(写真)の編集・加工が得意でイメージ的な画像合成やファイル変換、ナビゲーションボタン作成に使用。

Illustrator

グラフィック業界の標準ソフト。図形や線画、文字の扱いが得意で地図やロゴデータ、名刺、チラシ、ハガキなどのデザイン制作に使用。

Fireworks

Web業界の必須ソフト。PhotoshopとIllustratorの特色を1つにまとめたWeb画像専用ソフト。Web業界では急激に使用ニーズが拡大している。

Flash

Web業界の標準ソフト。Webアニメーション作成が得意で、高度なスクリプトを使用したインタラクティブな表現も可能になっている。

Dreamweaver

Web業界の中級者向け標準ソフト。Webページ作成ソフトでHTMLを自動で書き出してくれる。Webサイトの更新やファイル管理がしやすい。

PROGRAMMING
JavaScript

HTMLだけではできない表現をするために使用される標準言語。ブラウザ側で言語の解釈を行い、例えばマウスを持ってくると画像が入れ替わったり、別ウインドウを開いたりするなどの表現が可能になる。

CSS(スタイルシート)

HTMLだけではできない、Webサイトのデザインやレイアウト的な「表示」を崩さないように定義付けする言語。最近のサイトにはほとんど使われている。

HTML

Webサイトの表現に使われている標準言語。普段見ているサイトはこのHTMLで書かれている。仕事であれば必須知識。この言語を解釈して画面に表示させるのがブラウザの役目。

CGI(Perl)

Webサイトにインタラクティブ(双方向性)を実現するための仕組み・言語。アクセスカウンターやアンケートフォーム、ショッピングカートなどの仕組みはこのCGI(Perl)により実現。

PHP

Perlに替わって新たに利用されている仕組み・言語。Perlと同じ機能が実現できる他、サーバに負担をかけない利点やデータベース連携機能が充実している。

 
このページのトップへ

コンピュータ教育事業者協議会